☞ 時系列の写真記事はこちら
【情報】最速スピード矯正とは何か

最速スピード矯正とは

私が勝手に、自分の受ける矯正治療を『最速スピード矯正』と呼んでいます。
最速と書いたのは、ネットで調べたところ、以下の三つの技術を組み合わせた治療が、現在最速とされているからです。

●コルチコトミ―手術

基本は、以下のように歯槽骨に筋を入れて歯槽骨の新陳代謝を良くする方法で、バリエーションはいくつかあって、歯の移動期間が半分以下になるとも言われているそうです。

(写真は、米国ORTHOTOWNのHPより引用です。
自分の手術が下記と全く同じくに筋を入れたかは、実は定かでありません(^-^;)

●矯正用アンカーインプラント使用

米つぶより小さいアンカーインプラントを埋入して、アンカーを支えにして歯を動かす方法です。
(写真は、高橋衛歯科医院様HPより引用)

●セルフライゲーションの矯正装置

従来のワイヤーとブラケットをゴムなどで固定するのではなく、スライドさせて固定する装置です。
摩擦力が激減する為、弱い力で効率よく歯を動かす為、痛みの軽減と矯正期間の短縮につながります。
以下は使用した、クリアティSLというセルフライゲーション装置です。
(セルフライゲーションのセラミック装置です。写真はメーカー資料より引用。)

歯医者さんのこだわり

お世話になる歯医者さんは、上記に加え、他にもこだわりをもって取り組んでらっしゃいます。
こだわりの内容を、簡単にご紹介します。

●装置(ブラケット)装着方法

IDBコアを使用して理想の位置に装置を装着。正確な位置に短時間で装着可能。
※私が調べた範囲ではIDBコアとは以下のようなものです。
(ASO International社様HPより転載)

●ゼロステップメソッド

従来の矯正は、以下の工程を順番に行っていました。
ステップ① レベリング(デコボコの矯正)
ステップ② 犬歯遠心移動(犬歯を奥に移動)
ステップ③ 前歯の後方移動(前歯を後方に移動)
ステップ④ フィニッシング(かみ合わせや上下位置の調整など)

ゼロステップメソッドでは、上記4つの工程を並行して進めるそうです。

●抜歯のタイミング

抜歯をすると3か月ぐらいは骨の代謝が活発になるそうで歯の異動に適した状態になるそうです。
抜歯3か月から4か月で歯の移動の大半を終わらせてしまう。
従来法では、この時期にデコボコを治しているだけでもったいないのだそうです。

 

Scroll Up