☞ 時系列の写真記事はこちら

【体験記⑪ DAY147】調整6~7回目…口の中の器具詰込みMAX

【体験記⑪ DAY147】調整6~7回目…口の中の器具詰込みMAX

10/2 6回目の調整

手術から3か月以上たち、スピード矯正での歯が動く速さを実感しています。

元々歯並びがそれほど悪くなかった上の歯は特に、犬歯と小臼歯の隙間が確実に小さくなっています。
元々小臼歯一本分あった隙間が半分以下になっています。
スピード矯正ではない他の方のブログを拝見して比較すると、この動きの速さは驚異的です。

矯正開始時には周囲の人の視線が気になっていましたが、最近はあまり意識せずに口を開けるようになりました。
最初のころは、スーパーの店員さんに口元を薄目でジッと見られたりしましたが、最近は口元を見られるような視線は感じなくなりました。多分、ワイヤ―が真っすぐになり、口元が引っ込んできたので、周囲の人から見た違和感もなくなってきているのではないでしょうか。

さて、本日の調整内容は…、

●犬歯の奥歯側への動きを加速する為、コイル8本に加え、パワーチェーン(けん引用ゴム)4本が追加されました。
先生曰く「大人の歯だからね。
自分では十分速いと思うのですが、先生が思ったほどは動いていないのでしょうか。ストイックな方です。
矯正のスピードは速いのですが、それだけ口の中は、器具ですごい事になっています。

10/23 7回目の調整

手術後4か月後の写真をアップします。
左側から見た写真ですが、犬歯と小臼歯の隙間がほぼ目立たなくなってきています。
写真ではコイルがすごいですが、普通にしている限り、コイルは外から見えません。

ワイヤーも、当初デコボコだったのが、ほぼ真っすぐになってきました。

Scroll Up